はたらきたい。

障がいとともに働くためのガイドブック

就労(一般枠)の求人

f:id:Hataraku:20220314165948p:plain

 

就労(一般枠)とは?

障がいのない方と同じ条件で雇用をされる採用枠のことを「一般枠」と言い、一般雇用枠と呼ばれることもあります。「一般枠」で働くことを『一般雇用』と言います。

 

障がいの開示

「一般枠」に応募をする際は、障がいの開示は必須ではありません。どうしたいかは本人の希望次第です。

障がいを開示した場合でも、就職先に大きな負担がかかる場合には、配慮が受けられないこともあります。

 

会社から求められること

配慮が認められる部分を除き、ほかの従業員と同じ水準の職務内容・働き方・成果を求められます。

 

一般雇用のメリット

『一般雇用』で働くメリットとしては、給与や昇進の機会に制限がないことがあります。

ご自身で、自分の苦手なことに対する対処法を持っている方や、仕事内容が特性に合っており十分な成果を出すことができる方など、とくに配慮を受ける必要がない場合には、『一般雇用』を目指すことも多いです。

 

一般雇用のデメリット

デメリットとしては、上司や同僚など職場から障がいに対する理解や配慮が得られにくいことがあります。

『一般雇用』で働いている方でも、障がいにより職業生活に制限を受けている場合には、合理的な配慮を求めることができます。

一方で、障がいを非開示のまま入社をした場合には、障がいのことを言いだしにくくなったり、理解がされづらい環境のなかで働くことになります。

 

障がい者手帳の取得

「障がい者手帳を一度取得すると、障がい者雇用でしか働けなくなりませんか?」

というご質問がよくありますが、障がいを開示して働くかどうかは、あくまでもご自身で決めることができます。

 

「一般枠」で就職・転職に挑戦する

【 doda 】

優良企業への転職情報ならdoda

・まずは自分で求人を探してみたい!

・一人での転職活動は不安…。

そんな時にこちらのサービスはいかがでしょう。

『doda求人情報サービス』では大手・優良企業を含め、常時豊富な求人情報を掲載。
職種、年齢、経験を問わず、あなた合った求人を探すことができます。

『dodaエージェントサービス』では、専門スタッフがあなたの希望や適性に合った求人のご紹介や、転職活動をサポート。非公開求人を含む豊富な求人から、あなたに合った求人を紹介します。

 

専門のスタッフが企業への応募・選考結果のお知らせ、面接の調整などまとめてサポートしてくれます。不安なことはキャリアカウンセリングで聞いてみよう。

 

 

【 正社員就職応援プロジェクト 】

【正社員就職応援プロジェクト・東京しごとセンター】

こちらは、30〜54歳の東京都内で働く方を対象としたサービスです。就職活動の状況に合わせて3つのプログラムからコースを選び、就職・転職のサポートを受けることができます。

 

東京都が行うプログラムというのが安心。ご利用は無料です♪

 

 

サイトTOPへ